Main Menu


置きたいベッド

とくに廊下が長くなりがちなのは、リビングを横長に配した間取りですが、前出のセンターインというレイアウトなら、住戸内を効率的に移動できる間取りにできます。短所は建築コストがかさむ点で、分譲価格も高めの設定です。「バリアフリー」設計の廊下も一般化しています。バリアフリーとは、障害を持つ人や高齢者などが下北沢の賃貸で生活するうえで障壁(バリア)となる部分を取り除くこと。たとえば床而の段差をなくしたり、廊下に車椅子で通るのに十分な幅(90cmは必要)を持たせたり、手すりを設置する場合などが挙げられます。完成時に手すりがついていなくても、将来設置できるよう、有償でも下地を入れてもらうとよいでしょう。廊下の長さ、幅などへの配慮とともに、各室の廊下側へのドアの開き方がどうなっているかも確認しましょう。たとえば廊下を挟んでトイレと納戸が向かい合っていた場合、それぞれの一扉が外側に開くようになっていると、同時に開けたときにドア同士がぶつかり不便です。これは廊下に限らず、各室の入り口のドア、居室内のクロゼットのドアを開放したときに、置きたいベッドなどが入るかどうかなど、住まいの使い心地に大きな影騨を与えるポイントのひとつです。廊下の長さ、幅などへの配慮とともに、各室の廊下側へのドアの開き方がどうなっているかも確認しましょう。たとえば廊下を挟んでトイレと納戸が向かい合っていた場合、それぞれの一扉が外側に開くようになっていると、同時に開けたときにドア同士がぶつかり不便です。これは廊下に限らず、各室の入り口のドア、居室内のクロゼットのドアを開放したときに、置きたいベッドなどが入るかどうかなど、住まいの使い心地に大きな影騨を与えるポイントのひとつです。

ドライブ

でも先に水曜日にお祝いしちゃったわーい(嬉しい顔) うちが渋谷の賃貸に引っ越したばっかりで彼の家から30分以上かるから水曜日限定でPM6:00まで(最大でも6:15)なら会っていいって言われたから 会ってちょっとドライブしていろいろ話して… (なんか若干うちの親と彼とで意見違ってたげっそり) これでも親の考えがかなりゆるくなったよ… 前なんか10分くらいしか会えなくて休み取らないとゆっくりできなかったげっそり 今でも家が遠いからゆっくりあえた気はしないけど時間はかなりのびたexclamation ×2ほっとした顔 彼も先週最初は仲介手数料無料で代々木上原賃貸に引っ越し先の手前のとこまでついていくってことだったけど 結局三軒茶屋賃貸へ引っ越し先までついてきてくれて、車の中でうるうる涙 うちの親もそれはかなりの高評価わーい(嬉しい顔) 水曜日楽しみだけど東京賃貸に住みたいな… そしたらもう少しゆっくりできるだろうに…

昔を振り返り

"弟と嫁さんは長い。 15年も付き合っている。 途中分かれたりもしたが、高校時代からの仲だ。 俺も昔家に泊まりに来たことがあるから知っている。 大人になってからも2、3回会ったことはあるので面識はあった。 あの子にしてあのご両親あり。 優しい人で良かった。 俺は小六から高校の途中までを渋谷で過ごした。 その当時住んでいた家はもうすでに不動産売却をしてしまって跡形も無い。 友人の多くは今も渋谷にいる。 引っ越しが多かったので地元と言っていいのか分からないが、一応地元と言えば渋谷だ。 弟も当然そう。 思春期真っ盛りの時の友人は皆あそこにいる。 小中の時は弟と良く一緒に遊んだが、高校に入って以降の弟の事は正直よく知らない。 家出して再会するまで3年以上一切会わなかったから、その間の高校大学時代の弟の事を良く知らないのだ。 そこの部分は本当に空白機関。 弟の記憶で強いのは小学校と中学校のその頃のイメージ。 だから今日の結婚に関しても、俺の知っているあの弟なのか?と実感が沸かないのだ。 考えてみるともう俺も33歳だから、中学を卒業して18年も経っている。 すると、変な話、俺よりも弟の彼女や友達の方が一緒に過ごした時間が長いのだ。 そして、きっと深い話をした量なんかも俺と弟のそれよりも長い。 社会に出てしまえば、家族でも一緒に住んでいない限り会う時間はどんどんなくなる。 そう、俺なんかより奥さんや友人の方が弟の事を遙かに知っているのだ。 袴を着て立派になったあの弟は、本当に自分の弟なのかな。 今や、俺が弟と一緒に居た時間など奥さんのそれに比べたら遙かに短い。 時間が経ったのだなと思う。 色々な事があった。 時間の重みと、弟に大事な日が来たうれしさで涙が出てくる。 "

PICK UP